片思い&彼氏彼女&結婚で困ったら
恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

< 不倫について:TOP(目次)へ戻る

不倫する人の気持ちと背景

不倫している夫や妻の気持ちは?

不倫されている人が最も気になることと言えば、不倫している夫や妻の動機ではないでしょうか。もう不倫され診断は試しましたか?参考になるのではないかと思います。

さすがに「不倫の動機というのはコレだ」とひとまとめに語ることはできません。千差万別であり、例えば結婚相手に不満があるとも限りませんし、例えば遊びたい欲によって不倫しているともかぎりません。しかも、能動的に動いて不倫した人もいれば、絶好のチャンスが流れ込んで踏み越えてしまったという人もいます。ですから、どういう気持ちで不倫しているのかは、そうそう簡単に語れないのです。

不倫の動機を大雑把に分ける

不倫の動機は簡単に語れない、で終わるのも芸がありませんから、少し抽象的にして分けてみましょう。不倫の動機は超大雑把にして4つの方向性で語ることができます。

1.遊び系
2.心残り系
3.無価値感の回復系
4.罪悪感から逃れ系

これらはもちろんミックスされていることも多々あります。一つ一つ説明します。

1.遊び系の動機

遊び系の動機は分かりやすいと思います。もっと分かりやすく言えば「調子こいてる系」です。お金がある人や昔から自信満々な人、最初から結婚して家庭の枠に収まるつもりのない迷惑な人がこれに当たります。

調子こいている人は、罪悪感が薄いことも多く、息を吸うように普通に不倫していることも多いため、サインがあまりなくて発覚しづらいことがあります。また、「遊び」なだけあって本気度はあまりなく、家庭を壊すなどの覚悟がないケースがほとんどでしょう。

ちなみに「昔はやんちゃした」と言い出すとか、ちょっと自分を大きく見せたいような人は、「遊び系」ではありません。大きく見せたい人のことが大きく見えてしまっている人(ハッタリに影響されている人)からは分かりづらいのですが、そういうことを言い出す人は、そんなに自信満々ではないのです。

2.心残り系の動機

遊び系に似ているのですが、例えば中学や高校時代にそんなに華やかではなく、勉強に関してはエリートで、良い仕事に就いた人のことをイメージしてみてください。そういう人は社会人になってから急にモテはじめて自信をつけることが多いのです。そういう人が遊び始めると、昔の劣等感を埋めるように暴走することが多いのですが、結婚するタイミングによっては「もっと遊びたかった」という思いが残ります。こうした形とは限りませんが、これは心残り系の中でも「もっと遊びたかった属」に分類されます。

また、もっと遊びたかったという思いとは違い、もっと本気で恋愛したかった、少女漫画のように人を好きになりたかった、という人もいます。そういう人は、心残り系の中でも「もっとロマンスが欲しかった属」に分類されます。

3.無価値感の回復系の動機

無価値感、という言葉は聞き慣れない人も多いかと思われますが、簡単に言えば「自分のほうが下だと感じてしまう心」です。みんなキラキラしているのに自分だけみじめだとか、彼氏に比べて自分は何もない人だとか、そういう心です。

例えば、夫が妻に無関心で、妻に寂しさが蓄積しているとしたら、妻は無価値感を強めていると言えます。寂しさを埋め合わせるために、誰かにかまってもらいたがる、それは「寂しさ埋め合わせ属」の不倫です。

例えば、妻に馬鹿にされて、全く尊敬されず、どんくさいと思われていたり頼りないと言われて尻に敷かれている夫。この夫が、職場で自分を尊敬してくれる部下の女と不倫したら、それは「尊敬・尊重されたい属」の不倫です。

他にも、性的に相手されないことによって妻が女としての自信を失った、でも妻には「まだまだモテるのになぁ」という思いがある、それで不倫することもあるでしょう。これは「性的な自信を回復したい属」です。このようにいろいろと派生していきます。

4.罪悪感から逃れ系の動機

罪悪感、というのは不倫している罪悪感ではありません。簡単に言えば「妻が重いと感じる夫」などがそれに当たります。例えば入院している祖母をお見舞いにいったら、祖母がつらいつらいと言っている。そういうときは、もう見ている側も胸が痛いですし、お見舞いにいきたくない気持ちも芽生えるでしょう。悪いことをしていなくても、誰かが苦しんでいれば、罪悪感が起きるのです。そして罪悪感は「逃げ」の姿勢をつくります。

例えば夫が嫉妬深かったり、夫の精神が不安定なら、妻の罪悪感は高まります。夫のいない場所で何も考えないでいたい、自分も誰かに寄りかかりたい、と思う人もいるでしょう。それが不倫の動機になることもあるのです。

不倫の本気度は?

遊び系なら不倫の本気度は低いのですが、例えばロマンスを求めるなら本気度が高まることは、なんとなく分かると思います。動機によって本気度は異なります。

ただ、それ以外に本気度を左右するポイントはまだあります。例えば、男性よりは女性のほうが本気になりやすい、というのは一つ言えるでしょう。あくまで全体の傾向としてですから、例外は多々ありますが。それは性と心の仕組みに理由があるのですが、説明すると長くなるので省略します。とにかく女性は肉体関係を持つと相手を好きになりやすい理由があるのです。

また、不倫の動機としては(スタート時には)そんなに本気ではなかったが、走り出してから急に燃えてくる、ということもあります。展開次第なところもあるのです。ですから、本気度は、不倫の動機に基本的に左右されますが、それだけでは語れないものがあります。

※このコンテンツは、読み流すだけで成長するサイト「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。相談すれば回答があるかも?

【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
不倫について:TOP(目次)へ戻る
新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女結婚・結婚占い・結婚診断恋愛占い(恋愛傾向)結婚診断(基本)結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占い元彼・元カノ・復縁占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち結婚相性不倫浮気元彼・元カノ・復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長