恋愛と言えば 恋愛診断・恋愛占い ハニホー!

< 不倫について:TOP(目次)へ戻る

不倫に決着をつける

行きはよいよい帰りはこわい

不倫は、多くの人にとって「毒の水」です。最初はとても美味しそうに見えたりもします。最初から「まずいかも」と思っていても、喉がカラカラで(例えば寂しくて)飲んでしまった人もいることでしょう。後で辛くなると分かっていた人でも、その辛さがどれくらいか、分かっていなかった人もいることでしょう。後先考えていなかった人もいることでしょう。

多くの人が、その毒性に後から、のたうちまわります。未来がないのに不倫をやめられない。遊ばれている、馬鹿にされている、都合のよい扱いを受けている。そう思うのに抜け出せない。抜け出せないでいるうちに、毒はさらに回っていき、もっと抜け出せなくなっていく。まさに「行きはよいよい帰りはこわい」なのです。

なぜ不倫をやめられないのか

不倫をやめられない理由は、いくつかあります。それは不倫に突入した理由と共通する部分も多々あります。列挙していきましょう。
(下記に多く当てはまるほど、不倫を脱するのが難しくなります)

◆単純に相手のことが好きで仕方がない。また、不倫を重ねることで、相手の存在が大きくなってしまった。かけがえのない存在を切れない。

これは説明するまでもないでしょう。恋、または愛、がまだ残っている状態です。特に不倫というのは性的に大胆であったり刺激が強くなりがちですから、相手に焦がれる気持ちも強くなりがちです。

◆たくさん傷つけられたり悩んだことにより執着心が強まってしまった。

我々はたくさん傷つくと、その傷にこだわってしまい、心から離れなくなります。たんこぶが痛ければ、忘れたいと思っても、触らないほうが良いと思っても、何度も触ってしまうことでしょう。また、悩んで悩んで自分を賭けたほどに、こだわりが強くなります。たくさん思いを注ぎ込んだり自分を犠牲にした対象のことは、なかなか諦められないのです。

例えばテレビゲームで、何かポケット的なモンスターを集めたら、その努力が多ければ多いほどそのまま捨てておくことができません。たくさんの思いや労力を注ぎ込んだら、そのままにしておくのは心理的になかなか難しいのです。何度も遊んだりしますし、次回作が出て前回集めたモンスターを再利用できるとしたら、また次回作も買ってしまうのです。

◆相手にとって小さい存在として扱われることにより執着心が強まってしまった。

我々は心を踏みにじられたり馬鹿にされたり下に見られたりして、自分の存在を無視されたり小さく扱われると、傷つきますし心に残ります。そして悠々と「上」で生きている人を、同じステージ、同じ苦しみ、同じ地獄にまで引きずりおろしたくなるのです。

◆相手より素敵な人がいない。

特に女性の場合、不倫という、相手にとって都合の良い状態を受け入れることによって(簡単に言えば二番目に甘んじることによって)、普通に恋愛するより素敵な人を安易に手に入れることができます。性的な刺激もとても強くなることでしょう。そうすると不倫以外の普通の恋愛がなかなかできなくなります。

◆相手ほど自分を転がしてくれる人がいない。

特に既婚者というのは、恋愛に手慣れているだけでなく、立場上ガツガツこないで誘う形を取る人も多いのです。追われて冷めてしまう人にとっては、不倫でもしてないとまともに恋愛できない、という人がたくさんいます。

◆とにかく寂しい。ぬくもりに飢えていて、抜け出せない。

特に不倫相手に父性や母性を求めている人(家庭環境が良くなかった人など)は、なかなかそれを手放すことはできません。

◆不倫をやめても、未来も希望もない。自力で人生を切り拓く自信がない。

不倫以外に何もない、という人ほど抜け出すのは難しくなります。

不倫が終わるきっかけとは

抜け出したいと思っていない人も多いでしょうが、もう得るものがないしつらいだけだから抜け出したいという人もたくさんいることでしょう。不倫を終えるときというのは、どういうときでしょうか。下記のようなきっかけで抜け出す人が多いようです。これらも複合的に発生することがあります。

◆好きな人ができて、新たな希望が芽生える。

他に好きな人ができた、という場合です。不倫でないと人を好きになれない心理状態の人(ちゃんと愛されると逃げたくなる人など)もいるのですが、多くの場合、ちゃんと好きになってくれた人がいた、その人を好きになれた、ということで不倫を終わらせます。未来がない相手よりもまっさらな相手のほうが良いと思う場合がほとんどでしょう。やはり、他に好きな人を探し続けるというのは、不倫脱却のためには効果があります。

◆友人などが心配してくれたり味方してくれて、安心する。

仲間、居場所、戻るべき場所がある人は、不倫という悪夢から醒めやすいことでしょう。大切な友人らがいる人は、ときどき会ってはどうでしょうか。

◆相手に幻滅したり、相手への幻想が解ける。

徐々に相手の言い分がおかしいことに気付き始めたり、言動に不誠実さが隠れていることを見破ったりして、相手に失望する人がたくさんいます。大きなことを言っていた人が、ずっとそばにいることで、実はたいしたことがないのではと思えてくることもあります。別れた後でずっと心残りがあって苦しむ人もいますが、中には「なんであんな人を好きだったんだろう」と、過去の自分を不思議がる人もたくさんいます。もしかすると、少し冷静に相手を眺めたり、距離を取ってみることで、呪縛から解放されるかもしれません。

◆苦しみが限界に達する。

できれば到達したくない「不倫の果て」の一つです。不倫の毒に「のたうちまわる」のにも限界がくると、心が耐えきれず、強引にでもいろいろな解決方法を見出します。相手を罵りまくって捨てられる人もいます。心を病む人もいます。相手の家庭に乗り込む人もいます。上記のように強引に相手に幻滅したり相手を嫌ったりすることで(そういう無意識的な防衛が働き)表面上、どうでもよくなる人もいます。不倫に苦しみながらでも何もしないと、ここに到達するのです。狙っていくような結末ではありません。

◆不倫がバレる。

不倫が発覚したことによって事態が動き、負担に耐え切れず終わらせる人もいます。これも狙っていくようなものではないでしょう。

不倫を抜け出すには

こびりついた心を簡単に変えることはできません。しかし、行動は起こせます。

不倫のデメリットをよく感じ、ここしばらく幸せだったかなどをよくよく思い出し、充分に痛々しい思いをしながら、一歩引いて、考えてみてください。どんな風に生きたかったかを思い出してください。

プライドはありますか?寂しくても苦しくても、馬鹿にされず、都合よく利用されず、カッコ良く生きようとして、痩せ我慢する気力はまだありますか?

不倫を終わらせるには、新たな希望やどう生きたいかなど「不倫が終わった後」に思いを馳せることと、一歩引いて自分が戻るべき場所がないか思い返すこと、それと一時的な痛みを覚悟すること、が必要です。自ら痛いことを選択するというのは、自分の腕を自分で手術するぐらい怖いことですから、そうする意義を感じることや希望を抱くこと、そして覚悟が必要なのです。そこに「誇り」をプラスして、なんとか断ち切ってください。

楽しんでいる人や不倫の先に未来がある人はともかく・・・未来がなくて苦しんでいる人が、なんとか不倫から脱却できるよう、我々は心から応援しています。

※このコンテンツは、読み流すだけで成長するサイト「恋愛の学校」の校長が作成しています。ぜひ恋愛の学校にもお越しください。

【SNSでの共有】
以下のような文言を共有します
(投稿前に編集できます)
send to Twitter send to Facebook send to Mixi send to Google Plus other
 
不倫について:TOP(目次)へ戻る
新着をすぐお知らせ
【よく当たる!診断/恋愛占い/結婚占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ・相手の気持ち彼氏・彼女恋愛占い(恋愛傾向)結婚占い結婚の相性占いモテ占い婚期・結婚適齢期不倫・不倫占い浮気・浮気占いお似合いの人
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ・相手の気持ち相性不倫浮気復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長